アートクラフト BAU工房

アートクラフト BAU工房

父から息子へと受け継がれる、木を知り尽くした腕前と遊び心。

北海道上川郡東川町。2011年に新設された工場兼ショールームの建物の中は、高い天井につけられた天窓から差し込む光が開放的な印象を与える、広々とした空間が広がっています。整頓された作業場では、バウ工房の大門嚴(だいもんたけし)氏と息子の和真(かずま)氏が共に腕を振るっています。
見どころは何と言っても木を使った遊び心でしょう。工房では木を使いながら、くすっと笑ってしまうような、それでいて木とは思えないデザインを多く手掛けてきました。工房内のショールームには、木でつくられた座布団、木でできたテーブルクロスを掛けられたコンソールテーブル、削りだされた木を衣に見立てまぶされた串揚げまで並べられています。
また見た目の遊び心の他にも、引き出しを開けると仕込まれた笛が鳴る小箱まであります。誰の為でもなく、まず自分が楽しむために作られた品々は、見ているこちらまで嬉しくなる仕掛けに溢れています。
詳しいメーカー紹介

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 お電話でのお問い合わせも受け付けております。