ようこそ ゲスト 様

ものづくりの原点に訪れる / cosine

はじまりは「素材を何とかして生かしたい」という想いから誕生。
旭川駅から車で約20分、数々の家具メーカー・木製加工工場がひしめく旭川木工団地の中に株式会社コサインがあります。創業者であり、代表を務める星幸一社長。旭川の大手家具メーカーに務め、その後職業訓練校の指導員を経て、木を愛する強い想いからコサインを設立致しました。
コサインの製品は、メープル材(北米産)をメイン樹種とし、多くがオイル塗装。5年10年と使い込むほど飴色に変化し、木の味わい深さが人々に長く使おう・大切に使おうと思ってくれるかもしれない。すべては「素材を何とかして生かしたい」との想いから1988年に誕生しました。
木の癖は様々。それを最後のかけらまで使い切る、クラフトマンシップ。
小物家具といえども、多くの工程を経て完成。ぬくもりを感じる製品の数々ですが、シンプルな完成品からは想像も出来ない工程の数々。まずは木のクセを見抜き、色味(いろみ)合わせには使用する3倍もの材料を用意し、よく吟味した上で選定します。極端な節や傷は外しますが、えくぼ程度なら中芯や裏側に使ったり工夫します。そして職人の経験の元、製材に木取り加工を施し、コンピューター制御NCルーターへと加工を託します。穴の位置を正確に貫通し、最後は人の手で削り込む。手仕事には手仕事の、機械には機械のよさがあります。コサインのもの作りはそれらがうまく共生しています。
人を育てなければ、永続的なものづくりができない。
ベテラン職人の中に混じってコサインのスタッフは若い職人も多いのが特徴。人を育てなければ永続的なモノづくりが出来ない。技術を引き継ぎ、後世に託すそんな社内文化が根付き、いつも新鮮な木製品ファクトリーがコサインの特徴です。職人は数を積み重ねて技術を習得するもの。「感覚」だけではなく「理屈」でも考える。技術の理屈が分かることで、道具の使い方から全て理解できるプロフェッショナル集団になり得るのです。
そんな同社には好評で不動の人気商品があります。その名は"ドレスラック"販売開始以来、1万個オーバーの販売実績を持ち、今でも年代問わず大好評です。それは、販売開始から職人から職人へ受け継がれてきた技術の継承がしっかりなされている結果です。
暮らしに寄り添う、一生使える生活道具を作り続ける。
丹念に磨かれる木製品パーツにオイル塗装を施し、仮組み、検品、そして再検品作業を含めたパッケージ作業。これらの最終工程にもコサインの想いがたくさん詰まっています。同梱されている組み立て説明書も非常にわかりやすく、大切にしまっておきたくなりそうです。確かな製品をお届けする旭川家具の伝統を引き継ぎ、全国の皆様へお届けさせて頂きます。
株式会社コサイン

北海道・旭川で木のものづくりをしている会社です。私たちは「木」「作り手」「使い手」が共にあるような、暮らしに寄り添う・長く大切に使える生活道具を作りたいと考えています。作っているのは主にメープル無垢材・オイル仕上げのラック・スツールなど小物家具。木の長持ちなところを生かす機能性とデザイン・製造過程で出る端材・短材を使い切る小さな製品づくりなど、樹齢100年の木を大切に用いる工夫をしています。

cosine公式HP 商品一覧へ
お電話でのお問い合わせも受け付けております。 年中無休 9:00~17:00 0800-800-8334