ようこそ ゲスト 様

クリエイトファニチャー

Create Furniture

クリエイトファニチャー

古きを愛し、新しきをクリエイトする。次世代の旭川家具。

クリエイトファニチャーは2011年に開業した、旭川家具の中では比較的新しい家具メーカ―です。旭川市内を走る北海道宗谷本線の新旭川駅からほど近くの住宅街の中、設計を行う事務所と製造工場の2つの拠点にて民芸調家具とクラシック調家具を製作しています。会社の歴史はまだ始まったばかりですが、大手旭川家具メーカーの流れを組み、木工家具の伝統的な技法である枠組みと蟻組みの工法を守り、なおかつ現代のインテリアにもなじむデザインを次々と発表しています。

クリエイトファニチャー
クリエイトファニチャー
クリエイトファニチャー
クリエイトファニチャー

ベテラン職人と若手。世代間で引き継がれる技術。

工場の中では40年以上木工家具製造一筋の大ベテラン職人から、次世代を担う若手職人まで幅広い層の職人が働いています。ベテラン職人の知識や手さばきなどを間近で見ることができ、若手にとって木工家具の製造技術を学ぶのに、これほど恵まれた環境はないのではないでしょうか。特にクリエイトファニチャーでは、その複雑さと手間の多さで敬遠されがちな、枠組み(框組み)と蟻組みの技術で箱物家具を製作しています。木製家具といえばコレ!という技術が脈々と引き継がれている現場でした。

クリエイトファニチャー
クリエイトファニチャー
クリエイトファニチャー
クリエイトファニチャー

たくさんの刃物と、たくさんの見本。

民芸調・クラシック調家具の醍醐味といえば、多彩な飾り面と木肌を引き立てる着色にあります。そしてクリエイトファニチャーには壁を埋め尽くすほどの飾り面用の刃物と、まるで古書収集家の本棚のようなたくさんの着色見本がありました。これらの刃物と色見本を駆使し、お客様のいかなる注文にも応えてくれます。たとえば上の写真にある特注ガラス扉のキャビネット。良く見ると天板・扉・側面鏡板のあらゆる面形状がすべて異なります。一つの製品にここまで手をかけてくれる家具メーカーはなかなかありません。これこそが、クリエイトファニチャーの強みではないでしょうか。

クリエイトファニチャー

廃棄する材料は限りなくゼロへ。

家具業界でも珍しいブリケットマシーンを導入しているクリエイトファニチャー。寒さの厳しい北海道の冬も自社製品の製造過程で排出されるのこくずを、このブリケットマシーンでペレット状に圧縮しストーブの燃料にしています。また、製品の9割が着色をする民芸調・クラシック調の家具を製作しているため、無着色の家具に比べ木肌の色むらを気にせず材料をとることができ、材料の歩留まり(1枚1枚の板を最大限有効利用するために職人がもっとも四苦八苦する工程)から、材料を無駄にしない、廃棄する材料が限りなく少ない生産を行っています。

クリエイトファニチャー
クリエイトファニチャー

自社でデザインするからこそできること。

多くの家具メーカーがデザイナーとタッグを組み製品開発をしていますが、クリエイトファニチャーの製品デザインは4名の企画設計担当者によりすべて社内で行われています。そして4名がおのおの設計することで、設計者の個性が反映されシリーズ毎のデザインにバリエーションが出ると言います。さらに、現行シリーズを元にした特注品の注文が多いクリエイトファニチャーでは、図面には必ず木目を手書きしています。これは完成イメージを分かりやすくするためのお客さまへの優しさでした。

クリエイトファニチャー

ここから始まる、クリエイトファニチャーの歴史。

クリエイトファニチャーのロゴをご覧ください。クラシック調のイメージに合った筆記体のアルファベットの最後につけられたのは、四つ葉のクローバーです。これからの家具メーカーとしてのキャリアに幸福をもたらしてくれるように、そして、会社の成長と共にクローバーが生い茂り、大きな木になるようにと願いが込められています。いつの日か老舗と呼ばれる頃には大きな木が寄り添ったロゴに変更されていることでしょう。

株式会社クリエイトファニチャー

〒070-0028
北海道旭川市東8条6丁目3-5
旭川デザインセンターに一部展示

電話番号 0166-26-6066

  • メーベルトーコー

    銘木単板と呼ばれる「突板」。その美しさを引き出すには木使い達の木遣いがある。

  • cosine

    全てのはじまりは、「素材を粗末に扱ってはいけない」という想いから1988年に誕生。

  • アーリータイムスα

    挑戦し続け、新たな価値を見出す先人から受け継がれた教え。「人と機械との共存」。

  • 山岡木材工業

    素材・製材・加工を一貫し独自のスタイルで熟成された昭和17年創業の誇りと威厳。

  • ササキ工芸

    「チャレンジし続けること」誰から教えられたわけでもなく自発的に考える職人集団。

  • 匠工芸

    柔軟な発想と一流の技術でプロ意識という誇りを身に着ける若手職人たちの憧れの場。

  • 宮田産業

    妥協を1%も残さないことが本当のプロフェッショナル、心地よさには理由がある。

  • インテリア北匠工房

    「あたりまえ」を当たり前に考える。本物を知り尽くした職人の答えは素材感をデザインすること。

  • 山室木工

    出番を待つ「北海道産ミズナラ材」熟練工の手でいくつもの工程を経て逸品と呼ばれる家具になる。

  • 北嶺工匠

    どんなに難しくても決して断らない、その裏には長年の経験と技に基づく、自信があるから。

  • インテリアNASU

    それぞれに動きながらそれぞれの歩調を合わせていく。それがナスの阿吽の呼吸。

  • 大雪木工

    材料、機械、加工全ての工程において合理的に計算された、旭川家具の中でも屈指の大型家具工場。

  • 丹野雅景 木工デザイン制作所

    企業秘密なんてない。それは真似のできない、精密木工の腕と込められた想いがあるから。

  • アートクラフト BAU工房

    父から息子へと受け継がれる、木を知り尽くしたその腕前と木への愛着、そして遊び心。

  • リーフスタイル

    木との出会いは一期一会。「せめて僕の前を通る木は、最後まで使い切りたい。」

  • T.MOTOI

    イタリアで修行し、日本の伝統と融合させたモダンインテリア。美しいデザインは美しい製図が原点。

  • クラフト蒼

    自然を愛する心とものづくりにかける想いを形をした、大自然から生まれたオブジェ。

  • 高橋工芸

    材料、道具、何よりも腕。挽物の伝統を守りながら、小さな作業場から、時代の最先端をゆく。

  • CONDE HOUSE

    CH Limitedはカンディハウスの限定商品。「長く愛され、使い継がれる」あなただけの特別な家具。

  • クリエイトファニチャー

    古きを愛し、新しきをクリエイトする。伝統を守りながら進化したデザインを生み出す次世代の旭川家具。

  • 木と暮らしの工房

    お客さま、木、そして職人同士。常に周りへの“気遣い”を忘れずに、日々家具づくりをしています。

  • インテリアえぞ

    伝統を重んじて、必要に応じて新しいものを取り入れていく。そのこだわりが愛される秘訣。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334