ようこそ ゲスト 様

リーフスタイル

Leaf Style

リーフスタイル

せめて僕の前を通る木は、最後まで使い切りたい。

独立前は家具メーカーの工場で働いていたリーフスタイル代表の千葉氏は、長さが足りなく家具には使えない短尺材を何とか有効利用できないかと考えていました。木材を加工する機械は、30cmより短いものを加工するのはとても手間が掛かってしまい敬遠されがちです。そのため良くて薪ストーブの燃料に、それでも使い切れない場合は捨てられてしまいます。そんな材料を最後までしっかり使い切りたい、そんな思いからリーフスタイルは始まりました。そうして最後まで大切に使い切られた捨てられるはずだった端材は、千葉氏の手により「その時々の記憶を呼び戻す道具」として生まれ変わります。例えば代表作である乳歯入れは、長い年月をかけ親から子へ、そしてその孫の世代まで、一人の成長の思い出が詰まった最高のアイテムとなりました。

リーフスタイル

長く使ってもらうにはサイズ感が大事。

何世代にも渡って商品を使ってもらうために、千葉氏は商品の大きさに気を配ります。手に持って眺める、使うという行為により、その商品に対してより一層の愛着が湧いてくることでしょう。そのために大きさはいつも手の平サイズ。その上コンパクトなサイズで、ちょっとしたスペースに仕舞っておけるという利点にもなり、さらに永く持っているために一役買っています。置く場所に困らず簡単に取り出せて、そして手に持ってその商品にまつわる思い出を回想する。そうすることで年月を重ねるごとに想いが重なり、「その時々の記憶を呼び戻す道具」へと成長していきます。

リーフスタイル
リーフスタイル
リーフスタイル

見えないところで魅せる見せ場。

永く使ってもらうにはサイズ感の他にも、見た目も重要な要素になります。シンプルでいて味わいがあるデザイン。誰にでも受け入れてもらえるようなデザイン。そんな見た目を目指して千葉氏は商品の形を考えます。上の写真はティッシュケースの底蓋ですが、見えないひと手間が加えられています。ケースは箱の側面に溝を掘られたシンプルなデザイン。もしここに出っ張りがあると印象が変わりシンプルとは言えなくなってしまうでしょう。そのために横にスライドする底蓋は、閉めた時本体とぴったり合わさるように加工されています。一枚の板のように見せるために、表面は段差も隙間のもなく調整し、開閉時の摩擦を抑えるために蓋の上部はほんの少し斜めに削られています。それから代表作である乳歯入れ。現在北海道東川町では、子供が生まれると、町からのお祝いの品として子供の名前を入れたこの乳歯入れが送られます。名入れをする前に千葉氏は名前の印象と、乳歯入れの在庫の木目を合わせるようにしているといいます。男の子には力強い木目を、女の子には柔らかい木目を。そんな風に常に気配りをしています。

リーフスタイル
リーフスタイル
リーフスタイル

木との出会いは一期一会。

木には二つと同じ木目はありません。同じ樹種で同じ商品を作っても異なる印象になることが多々あります。木との出会いは一期一会。デザインが同じでも木という素材を使う限り、また気に入る木目に出会える確率はとても低くなってしまいます。また千葉氏は製品を加工する工程の、削り出しの瞬間が醍醐味だといいます。内部に隠された木目が、削り出しによってどう変化するのか、想像しながら何度も新しい出会いを繰り返します。千葉氏の商品には、心から木を愛する想いがたっぷりと詰まっています。

リーフスタイル

〒071-1425
上川郡東川町西町4-13-4

電話番号 0166-82-5174

  • メーベルトーコー

    銘木単板と呼ばれる「突板」。その美しさを引き出すには木使い達の木遣いがある。

  • cosine

    全てのはじまりは、「素材を粗末に扱ってはいけない」という想いから1988年に誕生。

  • アーリータイムスα

    挑戦し続け、新たな価値を見出す先人から受け継がれた教え。「人と機械との共存」。

  • 山岡木材工業

    素材・製材・加工を一貫し独自のスタイルで熟成された昭和17年創業の誇りと威厳。

  • ササキ工芸

    「チャレンジし続けること」誰から教えられたわけでもなく自発的に考える職人集団。

  • 匠工芸

    柔軟な発想と一流の技術でプロ意識という誇りを身に着ける若手職人たちの憧れの場。

  • 宮田産業

    妥協を1%も残さないことが本当のプロフェッショナル、心地よさには理由がある。

  • インテリア北匠工房

    「あたりまえ」を当たり前に考える。本物を知り尽くした職人の答えは素材感をデザインすること。

  • 山室木工

    出番を待つ「北海道産ミズナラ材」熟練工の手でいくつもの工程を経て逸品と呼ばれる家具になる。

  • 北嶺工匠

    どんなに難しくても決して断らない、その裏には長年の経験と技に基づく、自信があるから。

  • インテリアNASU

    それぞれに動きながらそれぞれの歩調を合わせていく。それがナスの阿吽の呼吸。

  • 大雪木工

    材料、機械、加工全ての工程において合理的に計算された、旭川家具の中でも屈指の大型家具工場。

  • 丹野雅景 木工デザイン制作所

    企業秘密なんてない。それは真似のできない、精密木工の腕と込められた想いがあるから。

  • アートクラフト BAU工房

    父から息子へと受け継がれる、木を知り尽くしたその腕前と木への愛着、そして遊び心。

  • リーフスタイル

    木との出会いは一期一会。「せめて僕の前を通る木は、最後まで使い切りたい。」

  • T.MOTOI

    イタリアで修行し、日本の伝統と融合させたモダンインテリア。美しいデザインは美しい製図が原点。

  • クラフト蒼

    自然を愛する心とものづくりにかける想いを形をした、大自然から生まれたオブジェ。

  • 高橋工芸

    材料、道具、何よりも腕。挽物の伝統を守りながら、小さな作業場から、時代の最先端をゆく。

  • CONDE HOUSE

    CH Limitedはカンディハウスの限定商品。「長く愛され、使い継がれる」あなただけの特別な家具。

  • クリエイトファニチャー

    古きを愛し、新しきをクリエイトする。伝統を守りながら進化したデザインを生み出す次世代の旭川家具。

  • 木と暮らしの工房

    お客さま、木、そして職人同士。常に周りへの“気遣い”を忘れずに、日々家具づくりをしています。

  • インテリアえぞ

    伝統を重んじて、必要に応じて新しいものを取り入れていく。そのこだわりが愛される秘訣。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334