ようこそ ゲスト 様

T.MOTOI

T.MOTOI

ティー・モトイ

モダンと呼ぶにふさわしい。イタリアンな工房。

北海道上川郡東川町で家具とクラフトの製作をするT.MOTOIの代表、基恆良(もといつねよし)氏は東京で生まれ育ち、額縁制作を経て北イタリアのカントゥー市で家具とデザインの勉強をしました。帰国後は北海道の音威子府(おといねっぷ)村で木工指導員として勤務、その後独立し工房を立ち上げました。現在は基氏独自に設計・製作をし、洋の東西が融合した新しい製品を生み出しています。そのデザインはとてもユニークで、一度目にすると忘れられない様な強いインパクトがあります。

T.MOTOI
T.MOTOI
T.MOTOI

イタリアで修業し、日本の伝統に融合。

工房の二階部分の広々としたショールームにはたくさんの製品が並べられています。椅子、テーブル、キャビネット、照明、クラフト。T.MOTOIでは実にさまざまな種類の製品が作られています。もちろん全て基氏のオリジナルデザイン。全ての製品に共通するのは、硬質でシャープな直線的なライン。この独特のラインは、イタリアでデザインを学んだ基氏にとって自然にたどり着いた形なのでしょう。さらにイタリアで学んだのはデザインだけではありません。基氏は椅子の張り地や塗料も、日本では手に入らない素材をデザインに合わせこだわって使用しています。それらの技術と知識がクラフトデザインで真価を発揮しました。五月人形、雛人形にこいのぼり。デフォルメされたその形はまさしく今までに見たことのない新しいデザインです。

T.MOTOI
T.MOTOI
T.MOTOI

当たり前に、家具からクラフトまで手掛ける。

家具を作るには部材を切り出すために大きな機械が、反対にクラフトを作るには細かい作業をするために小回りの利く小さな機械が必要になります。さらに加工方法も大きさにより異なってきます。そのため両方を製作するには設備投資と手間がかかり、どちらも手がける工房は滅多に見かけません。 しかしここT.MOTOIでは特別に機械を揃えていることもなく、持っている機械を上手く使い分け家具とクラフトの両方を製作しています。基氏にその話を尋ねると、特に不便を感じたことはない。家具とクラフトを同時に製作することはないが、作るものを分けることで気持ちが切り替えられメリハリのある仕事ができる、と答えていました。きっと独自のデザインと同様に、独自の製作ノウハウがあるのでしょう。

T.MOTOI
T.MOTOI
T.MOTOI

美しいデザインは、見事に整った製図から生まれる。

なんでも機械化され簡単にできてしまう現代、製図の世界にもCADという便利なコンピュータのソフトウェアがあります。簡単に均一な線が引け、描いた図形もあちこちへ移動させることができます。寸法も数字を打ち込むだけで思った通りの線が引けます。そんな便利な道具がありながら、基氏はいまでも手で図面を引いています。昔ながらの手法でドラフターに向かい、紙とシャープペンシルを使い設計を行います。その図面のラインは手描きとは思えないほど均一で美しく正確です。基氏の製品のシャープなデザインの原点は、この手描きの図面にあるのかもしれません。

T.MOTOI

〒071-1434
北海道上川郡東川東4号北6番地
ショールーム併設

電話番号 0166-82-2027
営業時間 10:00〜18:00

  • メーベルトーコー

    銘木単板と呼ばれる「突板」。その美しさを引き出すには木使い達の木遣いがある。

  • cosine

    全てのはじまりは、「素材を粗末に扱ってはいけない」という想いから1988年に誕生。

  • アーリータイムスα

    挑戦し続け、新たな価値を見出す先人から受け継がれた教え。「人と機械との共存」。

  • 山岡木材工業

    素材・製材・加工を一貫し独自のスタイルで熟成された昭和17年創業の誇りと威厳。

  • ササキ工芸

    「チャレンジし続けること」誰から教えられたわけでもなく自発的に考える職人集団。

  • 匠工芸

    柔軟な発想と一流の技術でプロ意識という誇りを身に着ける若手職人たちの憧れの場。

  • 宮田産業

    妥協を1%も残さないことが本当のプロフェッショナル、心地よさには理由がある。

  • インテリア北匠工房

    「あたりまえ」を当たり前に考える。本物を知り尽くした職人の答えは素材感をデザインすること。

  • 山室木工

    出番を待つ「北海道産ミズナラ材」熟練工の手でいくつもの工程を経て逸品と呼ばれる家具になる。

  • 北嶺工匠

    どんなに難しくても決して断らない、その裏には長年の経験と技に基づく、自信があるから。

  • インテリアNASU

    それぞれに動きながらそれぞれの歩調を合わせていく。それがナスの阿吽の呼吸。

  • 大雪木工

    材料、機械、加工全ての工程において合理的に計算された、旭川家具の中でも屈指の大型家具工場。

  • 丹野雅景 木工デザイン制作所

    企業秘密なんてない。それは真似のできない、精密木工の腕と込められた想いがあるから。

  • アートクラフト BAU工房

    父から息子へと受け継がれる、木を知り尽くしたその腕前と木への愛着、そして遊び心。

  • リーフスタイル

    木との出会いは一期一会。「せめて僕の前を通る木は、最後まで使い切りたい。」

  • T.MOTOI

    イタリアで修行し、日本の伝統と融合させたモダンインテリア。美しいデザインは美しい製図が原点。

  • クラフト蒼

    自然を愛する心とものづくりにかける想いを形をした、大自然から生まれたオブジェ。

  • 高橋工芸

    材料、道具、何よりも腕。挽物の伝統を守りながら、小さな作業場から、時代の最先端をゆく。

  • CONDE HOUSE

    CH Limitedはカンディハウスの限定商品。「長く愛され、使い継がれる」あなただけの特別な家具。

  • クリエイトファニチャー

    古きを愛し、新しきをクリエイトする。伝統を守りながら進化したデザインを生み出す次世代の旭川家具。

  • 木と暮らしの工房

    お客さま、木、そして職人同士。常に周りへの“気遣い”を忘れずに、日々家具づくりをしています。

  • インテリアえぞ

    伝統を重んじて、必要に応じて新しいものを取り入れていく。そのこだわりが愛される秘訣。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334