ようこそ ゲスト 様

匠工芸

Takumi Kohgei

匠工芸

誇りを身に付ける、若手職人たちの憧れの場。

将来は工房作家として独立したいという人は、匠工芸は憧れの場です。技術を磨く修業の場所として、それほどすばらしい魅力があるのです。1967年に木工職人のオリンピック「技能五輪・国際大会家具部門」(スペイン大会)で銀賞を授賞した桑原義彦社長は、惜しみなく技術を伝え独立を応援しています。人間の一生など短い、だから技術を独り占めするのではなくて人を育てていこう。時代を超えて技術を伝えていこう。という意識の強い経営者です。

匠工芸
匠工芸
匠工芸

デザイナーの求める形をクリアし、高度な技術を身に付けていく。

デザイナーとのタイアップ作品も数々世に送り出している匠工芸は「素材こだわりモダン」の代表的なメーカーです。1つの作品が仕上がるまでに幾度となく試作を繰り返し、その工程でさらに技術を磨いていく。デザイナーの求める形をクリアしていくことで、より高度な技を身に付けていきます。
旭川は、若年技能者の技能習得意欲と技能水準の向上を目的とした「技能五輪国際大会」で多くの出場者、受賞者を出しています。その中でも匠工芸では若手の人材を育てるため、工場を従業員に開放したり、また技能士の資格を取得した社員に技能手当を支給するなどの制度を設けてバックアップしています。

匠工芸
匠工芸
匠工芸

匠工芸という名に恥じない匠の技術。

「ナチュラル&クラフトマインド」 匠工芸の創業時のコンセプトは、これからも変わらず製品の中に生き続けていきます。北海道上川郡、大雪山を望む大自然の中に社屋を構える匠工芸。匠工芸を一気に有名にしたのは、旭川の優佳良織工芸館の家具や建具を受注したことでした。材質はタモやニレの「埋もれ木」です。埋もれ木というのは、土の中で成長していった独特のグレーがかった渋い色の希少な木ですが、普通に成長した木より木材としてはもろいので加工も難しいのです。それが評判となり、その後、図書館の椅子や帝国ホテルの客室などに備品を納入することになったのです。
座面や背もたれの高さ、背もたれや肘掛けの形、手触り、重量、脚と床の摩擦など、あらゆる部分に気を配ったひとつひとつ丁寧の作られる家具はまさに匠の技と言っても過言でなく、木のぬくもりを十分生かした製品は芸術の域に達するものです。

株式会社 匠工芸

〒071-1571
北海道上川郡東神楽町南1番通24番地
ショールーム併設・旭川デザインセンターに一部展示

電話番号 0166-83-4400

  • メーベルトーコー

    銘木単板と呼ばれる「突板」。その美しさを引き出すには木使い達の木遣いがある。

  • cosine

    全てのはじまりは、「素材を粗末に扱ってはいけない」という想いから1988年に誕生。

  • アーリータイムスα

    挑戦し続け、新たな価値を見出す先人から受け継がれた教え。「人と機械との共存」。

  • 山岡木材工業

    素材・製材・加工を一貫し独自のスタイルで熟成された昭和17年創業の誇りと威厳。

  • ササキ工芸

    「チャレンジし続けること」誰から教えられたわけでもなく自発的に考える職人集団。

  • 匠工芸

    柔軟な発想と一流の技術でプロ意識という誇りを身に着ける若手職人たちの憧れの場。

  • 宮田産業

    妥協を1%も残さないことが本当のプロフェッショナル、心地よさには理由がある。

  • インテリア北匠工房

    「あたりまえ」を当たり前に考える。本物を知り尽くした職人の答えは素材感をデザインすること。

  • 山室木工

    出番を待つ「北海道産ミズナラ材」熟練工の手でいくつもの工程を経て逸品と呼ばれる家具になる。

  • 北嶺工匠

    どんなに難しくても決して断らない、その裏には長年の経験と技に基づく、自信があるから。

  • インテリアNASU

    それぞれに動きながらそれぞれの歩調を合わせていく。それがナスの阿吽の呼吸。

  • 大雪木工

    材料、機械、加工全ての工程において合理的に計算された、旭川家具の中でも屈指の大型家具工場。

  • 丹野雅景 木工デザイン制作所

    企業秘密なんてない。それは真似のできない、精密木工の腕と込められた想いがあるから。

  • アートクラフト BAU工房

    父から息子へと受け継がれる、木を知り尽くしたその腕前と木への愛着、そして遊び心。

  • リーフスタイル

    木との出会いは一期一会。「せめて僕の前を通る木は、最後まで使い切りたい。」

  • T.MOTOI

    イタリアで修行し、日本の伝統と融合させたモダンインテリア。美しいデザインは美しい製図が原点。

  • クラフト蒼

    自然を愛する心とものづくりにかける想いを形をした、大自然から生まれたオブジェ。

  • 高橋工芸

    材料、道具、何よりも腕。挽物の伝統を守りながら、小さな作業場から、時代の最先端をゆく。

  • CONDE HOUSE

    CH Limitedはカンディハウスの限定商品。「長く愛され、使い継がれる」あなただけの特別な家具。

  • クリエイトファニチャー

    古きを愛し、新しきをクリエイトする。伝統を守りながら進化したデザインを生み出す次世代の旭川家具。

  • 木と暮らしの工房

    お客さま、木、そして職人同士。常に周りへの“気遣い”を忘れずに、日々家具づくりをしています。

  • インテリアえぞ

    伝統を重んじて、必要に応じて新しいものを取り入れていく。そのこだわりが愛される秘訣。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334