ようこそ ゲスト 様

山室木工

Yamamuro Mokko

山室木工

出番を待つ。北海道産のミズナラ材。

昭和19年創業を誇る、旭川家具メーカー山室木工の材木置き場。そこには、今か今かと、出番を待つ道産ナラ製材が綺麗に積まれています。数年間の自然乾燥を経て人工乾燥釜に運ばれる訳ですが、ここでの工程は非常に重要であるのです。無垢製材は、反ったり、曲がったり、時には割れたりするからで、ここでじっくりと熟成期間を経て次の工程に進める材料か吟味されるのです。

山室木工
山室木工
山室木工

乾燥を自社で行う。品質管理にこだわる大切なプロセス。

第一工程をクリアした材料は、いよいよ人工乾燥釜へ移ることになります。人工釜担当の乾燥職人は言います。「含水率は人間でいう、体温の様なもの、高すぎても低すぎてもだめだ」と説明にも熱がこもる。そこには、任されたプライドを感じずにはいられません。 3日後4日後と釜に入っては、サンプルを取り出しての確認。チェックトシートは、難解な数字の羅列で真っ黒。時には温度を上げ、時には蒸気を噴霧する。高すぎても低すぎてもダメだと言うことに納得。裏方的なこの作業が実は出来上がった家具の行く末を大きく左右する事がわかります。「無垢材は、反るものという考えは逃げであって、極力反らないようにしっかりとベストな乾燥状態で製作に進む材料を作ることが、ここの重要な仕事」旭川家具が50年、100年と長持ちすることに思わず納得してしまいます。

山室木工
山室木工
山室木工

手と目の感性。卓越した耐久性を生み出す。

テーブルの天板などに使われる材料は、接ぎ合わせる板同士の色目を確認しての作業。ここでの職人の目利きで、ダイニングテーブルになったり、リビングテーブルになったりする天板の美しさにつながります。全ての工程でその道一筋のスペシャリスト達が、腕前をふるっての作業を淡々こなします。「仕口」とは部材ひとつひとつが接合される接合面を言います。日本の伝統技術です。精細な加工面は引っ張の力に対抗し、丈夫で長持ちの決定的な要素となり、職人も気合いが入る工程です。旭川家具の実力の一部分をさらに再確認することになりました。加工が施された材料が組み上がり、塗装工程の前に進む前の重要な工程が、サンドペーパー(やすり)掛けです。これでもかこれでもかと磨きに磨き、無塗装の状態でも素晴らしく美しい出来映え。180番、300番、400番と徐々に細かいサンドペーパーに変え、最終塗装工程に進みます。各部署の匠達が満を持して送り出してきた厳選家具。これらの化粧ともいえる、塗装を施す最終工程です。山室木工の家具は素材のよさに加え、ペーパー掛けの丹念さもあり、塗装は薄く仕上げていきます。決して失敗の許されない重要な工程に職人も気が引き締めての作業です。

山室木工
山室木工
山室木工

使う人を想う気持ちがあるから磨かれる技がある。

「北海道産ミズナラ材」の持つきめ細やか木目の美しさと温かみに魅了されてた職人達。ただ、その表情豊かな木目を最大限生かすためには材料の乾燥から始まり・木取り・加工・仕上げなどの各工程で一切の妥協を許してくれません。自然材は少しでも手を抜くといい表情を見せてくれません。わたしたちはそれを知っているからこそ、この材料にこだわり続け、今後も極め続けていきます。

山室木工株式会社

〒079-8431
北海道旭川市永山町6丁目-1

電話番号 0166-48-1136

  • メーベルトーコー

    銘木単板と呼ばれる「突板」。その美しさを引き出すには木使い達の木遣いがある。

  • cosine

    全てのはじまりは、「素材を粗末に扱ってはいけない」という想いから1988年に誕生。

  • アーリータイムスα

    挑戦し続け、新たな価値を見出す先人から受け継がれた教え。「人と機械との共存」。

  • 山岡木材工業

    素材・製材・加工を一貫し独自のスタイルで熟成された昭和17年創業の誇りと威厳。

  • ササキ工芸

    「チャレンジし続けること」誰から教えられたわけでもなく自発的に考える職人集団。

  • 匠工芸

    柔軟な発想と一流の技術でプロ意識という誇りを身に着ける若手職人たちの憧れの場。

  • 宮田産業

    妥協を1%も残さないことが本当のプロフェッショナル、心地よさには理由がある。

  • インテリア北匠工房

    「あたりまえ」を当たり前に考える。本物を知り尽くした職人の答えは素材感をデザインすること。

  • 山室木工

    出番を待つ「北海道産ミズナラ材」熟練工の手でいくつもの工程を経て逸品と呼ばれる家具になる。

  • 北嶺工匠

    どんなに難しくても決して断らない、その裏には長年の経験と技に基づく、自信があるから。

  • インテリアNASU

    それぞれに動きながらそれぞれの歩調を合わせていく。それがナスの阿吽の呼吸。

  • 大雪木工

    材料、機械、加工全ての工程において合理的に計算された、旭川家具の中でも屈指の大型家具工場。

  • 丹野雅景 木工デザイン制作所

    企業秘密なんてない。それは真似のできない、精密木工の腕と込められた想いがあるから。

  • アートクラフト BAU工房

    父から息子へと受け継がれる、木を知り尽くしたその腕前と木への愛着、そして遊び心。

  • リーフスタイル

    木との出会いは一期一会。「せめて僕の前を通る木は、最後まで使い切りたい。」

  • T.MOTOI

    イタリアで修行し、日本の伝統と融合させたモダンインテリア。美しいデザインは美しい製図が原点。

  • クラフト蒼

    自然を愛する心とものづくりにかける想いを形をした、大自然から生まれたオブジェ。

  • 高橋工芸

    材料、道具、何よりも腕。挽物の伝統を守りながら、小さな作業場から、時代の最先端をゆく。

  • CONDE HOUSE

    CH Limitedはカンディハウスの限定商品。「長く愛され、使い継がれる」あなただけの特別な家具。

  • クリエイトファニチャー

    古きを愛し、新しきをクリエイトする。伝統を守りながら進化したデザインを生み出す次世代の旭川家具。

  • 木と暮らしの工房

    お客さま、木、そして職人同士。常に周りへの“気遣い”を忘れずに、日々家具づくりをしています。

  • インテリアえぞ

    伝統を重んじて、必要に応じて新しいものを取り入れていく。そのこだわりが愛される秘訣。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334