ようこそ ゲスト 様

山岡木材工業

Yamaoka Mokuzai Kogyo

山岡木材工業

素材から加工まで一貫した独自のスタイルで熟成。

木材の乾燥プロセスによって、無垢家具の割れ反りを極限まで抑える事は可能です。山岡木材工業は、丸太から製材した材料を約3年程度外に寝かせて天然乾燥をします。3年という長い長い時間をかけてじっくりと熟成させる事で材料の良し悪しも決まってきます。材は、丸太の段階では含水率といわれる木に含まれる水分の割合が70%以上あります。真っ二つにした時、噴水の様に水が噴き出す程。この状態の木材を業界用語で「生材」といいます。生材を空気が乾いた北海道の大自然の中で、含水率18%前後まで落とす。恵まれた大地、北海道特有の気候によって可能となるのです。もちろん、旭川の家具材も天然乾燥を経て、人工乾燥(機械釜)をします。最終的には約5~6%の含水率にして、家具の加工へと進みます。

山岡木材工業
山岡木材工業
山岡木材工業

製材会社ならではのこだわり。家具職人へとつなぐ、材料の配慮。

「カットバーカー」という機械中央のローラー上に丸太を移します。そのタイヤが丸太を回転させ剥いてき、剥き終った丸太は奥に落としていきます。 木の皮は人の服と同じで、中を隠してしまうため、皮の中にある小石・針金や釘などを見落とす事になります。異物が付いたまま製材すると、製材木の鋸を傷める可能性があるそうです。 木の皮を剥ぐ重要な理由は木のくせを見分けるため。樹木には真直ぐ成長するのもあれば、ねじれながら成長するものもあり、また木肌には傷・節・割れなどがあり、家具を製作していくうえで致命傷になり得ます。慎重に行わなければならない長年の知識と経験が必要な作業です。

山岡木材工業
山岡木材工業
山岡木材工業

旭川家具の歴史と共に歩んだ、木型という財産。

工場の2階へ上ると、天井から膨大な数の木材が所狭しとぶら下がっています。こちらは今まで何百種類と製作してきた椅子の「型」。山岡木材工業の歴史の痕跡です。工場長も何本あるか分からないくらいという型は、よく見ると1本1本形が違っており、シンプルなものから個性的なものまで時代の流れを感じます。その培った経験と技術から身に付いた家具は、どれも安定感に優れていて、細かいところまで目の行き届いた家具が多いのも特徴です。加工技術については、過去にスキー・ボーリングピンなど特殊な技術もあり、その幅広い技術が今日の家具づくりに通じているといっても過言ではありません。

山岡木材工業 株式会社

〒079-8411
北海道旭川市永山1条18丁目1番43号
旭川デザインセンターに一部展示

電話番号 0166-48-1286

  • メーベルトーコー

    銘木単板と呼ばれる「突板」。その美しさを引き出すには木使い達の木遣いがある。

  • cosine

    全てのはじまりは、「素材を粗末に扱ってはいけない」という想いから1988年に誕生。

  • アーリータイムスα

    挑戦し続け、新たな価値を見出す先人から受け継がれた教え。「人と機械との共存」。

  • 山岡木材工業

    素材・製材・加工を一貫し独自のスタイルで熟成された昭和17年創業の誇りと威厳。

  • ササキ工芸

    「チャレンジし続けること」誰から教えられたわけでもなく自発的に考える職人集団。

  • 匠工芸

    柔軟な発想と一流の技術でプロ意識という誇りを身に着ける若手職人たちの憧れの場。

  • 宮田産業

    妥協を1%も残さないことが本当のプロフェッショナル、心地よさには理由がある。

  • インテリア北匠工房

    「あたりまえ」を当たり前に考える。本物を知り尽くした職人の答えは素材感をデザインすること。

  • 山室木工

    出番を待つ「北海道産ミズナラ材」熟練工の手でいくつもの工程を経て逸品と呼ばれる家具になる。

  • 北嶺工匠

    どんなに難しくても決して断らない、その裏には長年の経験と技に基づく、自信があるから。

  • インテリアNASU

    それぞれに動きながらそれぞれの歩調を合わせていく。それがナスの阿吽の呼吸。

  • 大雪木工

    材料、機械、加工全ての工程において合理的に計算された、旭川家具の中でも屈指の大型家具工場。

  • 丹野雅景 木工デザイン制作所

    企業秘密なんてない。それは真似のできない、精密木工の腕と込められた想いがあるから。

  • アートクラフト BAU工房

    父から息子へと受け継がれる、木を知り尽くしたその腕前と木への愛着、そして遊び心。

  • リーフスタイル

    木との出会いは一期一会。「せめて僕の前を通る木は、最後まで使い切りたい。」

  • T.MOTOI

    イタリアで修行し、日本の伝統と融合させたモダンインテリア。美しいデザインは美しい製図が原点。

  • クラフト蒼

    自然を愛する心とものづくりにかける想いを形をした、大自然から生まれたオブジェ。

  • 高橋工芸

    材料、道具、何よりも腕。挽物の伝統を守りながら、小さな作業場から、時代の最先端をゆく。

  • CONDE HOUSE

    CH Limitedはカンディハウスの限定商品。「長く愛され、使い継がれる」あなただけの特別な家具。

  • クリエイトファニチャー

    古きを愛し、新しきをクリエイトする。伝統を守りながら進化したデザインを生み出す次世代の旭川家具。

  • 木と暮らしの工房

    お客さま、木、そして職人同士。常に周りへの“気遣い”を忘れずに、日々家具づくりをしています。

  • インテリアえぞ

    伝統を重んじて、必要に応じて新しいものを取り入れていく。そのこだわりが愛される秘訣。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334