ようこそ ゲスト 様

家具のお手入れ方法

Furniture Maintenance

家具のお手入れ方法

いつまでも木と暮らすために。

無垢材は、伐採したら死ぬというものではありません。その後、職人の手で新たな命を吹き込まれ、お客様のもとにお届けしてからも膨張と収縮を繰り返します。木の家具を置いた部屋は結露が出にくいというのは、木が呼吸し部屋の湿気を吸ったり吐いたりして、湿度を調整しているからです。生きている限り、呼吸することは避けられないことで、同時に反りや狂いも避けることはできません。なるべく狂わないように、または狂いが生じたときを想定した家具づくりが、旭川家具の高い技術力の証明となります。生きた木と暮らせば自然と愛着が湧いてきて、まるで家族のような存在感を醸し出してくれるでしょう。
ここではより長く使うための知識やお手入れ方法をご紹介します。お手入れを続けていただくことで、家具は育っていきます。お手入れも合わせてお楽しみください。

温度、湿度にご注意ください。

無垢材は呼吸しているため、直射日光に当たり続けたり、暖房器具の温風が家具に直接間近で当たらないようにご配慮ください。
極端な乾燥、湿気の多すぎる場所でのご使用は木に変化を与え、反りや割れの原因になってしまいます。加湿器、除湿器などで湿度の調整を行ってください。
できるだけ環境の安定した場所・位置でお使いいただくことが長く付き合える秘訣です。

高熱、水気にご注意ください。

木の家具は高熱に弱く、テーブルやキッチンボードの上などに直接置くと、変色や痕が残ります。熱いものを置かれる場合は、鍋敷きなどをご利用ください。
また、コップや布巾など濡れたものを長時間置いた場合も同様です。染みも家具にとって味になっていきますが、気になる方はランチマットやコースターをご使用することをお勧めいたします。

水平を保ち、
時々点検を行ってください。

水平を保つように置いて下さい。不安定なまま使用されますと、負荷が掛かり本体にねじれが生じます。本来の強度が発揮されず、壊れる恐れがあります。
ネジ類やジョイント部はゆるみがないか時々点検し、ゆるんでいたら締め直してください。
移動する際には、引きずらないように床面から持ち上げて行ってください。引きずって移動させると、脚の取り付け部分が傷む原因となります。

硬く絞った布で拭いてから、
乾拭きを行ってください。

普段のお手入れ方法は、硬く絞った柔らかい布で拭いてから、乾拭きを行ってください。無垢材の家具にとって水分は大敵のため、完全に拭き取ることをお勧めいたします。
ワイン、醤油などの色がつきやすい液体をこぼした場合は速やかに拭き取ってください。時間が経つと汚れが落ちにくくなる場合があります。化学性雑巾やワックスなどをご使用すると、表面の艶が変わってしまう場合があります。

  • 無垢材の特徴

    一枚板と接ぎ合せの長所と短所や無垢材に少なからず存在する節・割れについてご紹介いたします。

  • 樹種について

    当店で扱う主な樹種7種類のご紹介です。それぞれの樹種の特徴を掲載してあるので、ぜひご活用ください。

  • 塗装について

    より長く使うためには塗装が欠かせません。塗装方法をご理解いただき、安心してご使用ください。

  • 生地のメンテナンス

    布地、合成皮革、本革など種類ごとに分けて日々のメンテナンス方法についてご紹介しています。

  • テーブルの選び方

    お部屋に最適なサイズでお選びいただけるよう基準の高さや横幅をご提案させていただきます。

  • 家具のお手入れ方法

    より長く使うための知識やお手入れ方法など無垢家具と楽しく過ごしていただくための秘訣です。

  • 時計について

    時計の基礎知識を様々な角度からまとめています。時計を選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334