ようこそ ゲスト 様

日本語 | 繁體中文 | 简体中文 | English

ダイニングテーブルの選び方

Table Choice

ダイニングテーブルの選び方

お住まいに合わせたダイニングスペース。

ダイニングテーブルを選ぶ場合、何を基準に考えていますか?テーブル選びには、形・素材・サイズ・強度と様々な要素をお客様ご自身のお住まいと照らし合わせていただく必要があります。形や素材、色などは当然気になるところですが、イメージだけで選んでしまうと食事のときに窮屈になってしまったり、使い勝手が悪いスペースとなってしまうかもしれません。サイズや強度も大事な要素となってきます。
ここではダイニングスペースとテーブルのサイズ感について詳しくご紹介します。

テーブルの高さ

一般的にテーブルの高さは650~740mm、椅子は座面高(SH)380~440mmと様々です。椅子の座面高とテーブルの高さの差を差尺(さじゃく)といいます。
この差尺は、作業や食事の際に疲れにくい姿勢を保つための重要な要素であり、座る人の身長によって快適な差尺は異なります。テーブル天板下から座面高までの差がおよそ、250~300mmが推奨値となります。
近年は、日本人の身長も高くなっておりますので、座面高420mm前後の椅子に700mmのテーブルが一般的です。

一人当たりに必要なスペース

食事の様式でも変わりますが、大人ひとりが食事をするときに、必要なスペースは、横600~700mm、縦300~400mmが必要です。
以前は、ダイニングスペースは家族が食事するのみの場所だったため、家族の人数によって大きさ決まっていました。しかし、近年では部屋の様式や使い方も変化し、家族だけではなく、来客者もダイニングスペースへ招くようになり、さらにはリビングとしてダイニングを兼用するお住まいも増えてきました。

必要な部屋の広さ

お部屋の中にダイニングテーブルを置く場合、周りにどれくらいのスペースが必要なのか気になるところです。
一般論ですが、人が椅子に座った状態で椅子の後ろに650mm程度のスペースが空けば、人が通ることができます。お部屋の様式やレイアウト・状況にもよりますが、テーブルと椅子のサイズを調べて設置場所を考えてみてください。ダイニングの場合、家事動線もテーブル選びのポイントです。

  • 無垢材の特徴

    一枚板と接ぎ合せの長所と短所や無垢材に少なからず存在する節・割れについてご紹介いたします。

  • 樹種について

    当店で扱う主な樹種7種類のご紹介です。それぞれの樹種の特徴を掲載してあるので、ぜひご活用ください。

  • 塗装について

    より長く使うためには塗装が欠かせません。塗装方法をご理解いただき、安心してご使用ください。

  • 生地のメンテナンス

    布地、合成皮革、本革など種類ごとに分けて日々のメンテナンス方法についてご紹介しています。

  • テーブルの選び方

    お部屋に最適なサイズでお選びいただけるよう基準の高さや横幅をご提案させていただきます。

  • 家具のお手入れ方法

    より長く使うための知識やお手入れ方法など無垢家具と楽しく過ごしていただくための秘訣です。

  • 時計について

    時計の基礎知識を様々な角度からまとめています。時計を選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334