ようこそ ゲスト 様

2015年4月より、MUKU工房はアジアの一角・台湾にて現地法人を立ち上げ、現地でのネット販売事業をスタートしました。
今まで国内向けの販売でしたが、旭川家具・旭川クラフトを世界のブランドにすべく、新たな第一歩を踏み出しました。 コラムクVol.10では、台湾の家具事情を交え、MUKU工房台湾についてご紹介します。
台湾へは日本各地から空の直行便があり、旭川からは4時間ほどで行くことができます。(ちなみに旭川―東京は1時間半)また、日本の最南端の島、与那国島からは距離にして100㎞余りと、ある意味日本にとても近い位置にあります。九州とほぼ同じ面積があり、人口は2300万人ほど。首都である台北市は島の北端に位置し、歴史と伝統、そして近代と最先端が混然一体となった、味わい深い街並みを見ることができます。

  • 台湾は面積の割に山岳地帯が多く、そのため人口は小さな平野部に密集しています。狭い土地に大勢が住むために、住宅はぎゅうぎゅうとひしめき合い、そして上へ上へと伸びていきました。特に台北市内では、日本の首都圏並みのマンション暮らしが多いそうです。
    そんな小さな間取りの部屋に対し、売られている多くの家具はどれも最高級家具。お値段は車を買うようで、一つ置くだけで部屋が埋まってしまうような大きさのものばかり。奮発して家具を買おうにも、手が届かない、置く場所がない。ああ、どこかに小振りでお手頃で可愛くて、だけど作りはしっかりした家具がないものかしら・・・。そんな事情を知ったMUKU工房。旭川家具なら小振りでそこそこお手頃で、デザイン力も抜群。その上無垢材を売りにしている。 これは台湾にピッタリじゃないか! と思ったわけです。

  • それならばと、台湾進出を決意したMUKU工房。
    2015年4月に日本から駐在員2名が台湾へ渡り、現地採用の3名と共に同年6月、MUKU工房台湾のネットショップがオープンしました。
    手始めに輸送が簡単な旭川クラフトから在庫を揃え、MUKU工房の売りでもあるレーザー彫刻の設備も整えました。展示用の家具も徐々に送り込み、ショールーム開設の準備も着々と進んでいます。Facebookページも開始から数か月で2万いいね!してもらえるほど髙く評価していただいています。
    10月には日本のWEBチームスタッフが現地視察と技術交流に訪れ、日本で蓄積したWEB知識を伝授してきました。 始まったばかりのMUKU工房台湾ですが、今後が期待できる良いスタートを切ることができました。
コラムク Vol.10

視察では現地の住宅事情を実際に見て、話を聞いて、どれだけ台湾の人達が「手が出せる家具」を求めているかを知ることができました。今後、旭川家具・旭川クラフトが台湾でどう評価されるのか、どう受け入れられていくのかが楽しみです。
MUKU工房台湾では2つのネットショップを運営しています。ぜひ、サイトの方もご覧ください。
  • vol.13 第19回修了研究作品展


    毎年2月に開催される北海道立旭川高等技術専門学院の修了研究作品展にお邪魔してきました。

  • vol.12 IFFT 2015


    毎年11月に開催される家具・インテリアの国際見本市 IFFT 2015を取材させていただきました。

  • vol.11 楽天クリムゾンハウス


    楽天市場の新社屋「楽天クリムゾンハウス」に、当店より家具を納品させていただきました。

  • vol.10 MUKU工房 台湾


    MUKU工房が台湾へ進出しました。台湾の家具事情とMUKU工房 台湾をご紹介します。

  • vol.09 ADW 2015


    旭川家具センターの産地展が一新し、「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」として生まれ変わりました。

  • vol.08 モクモクフェスタ 2015


    旭川木工センターが主催するモクモクフェスタは、モノづくりメーカーによる木工のお祭りです。

  • vol.07 匠工芸 ショールーム


    マッシュルームスツール・アニマルスツールで大人気の匠工芸ショールームをご紹介します。

  • vol.06 技能五輪国際大会


    第43回技能五輪国際大会 建具部門 敢闘賞 女性初の快挙を成し遂げた中山千明さんです。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334