ようこそ ゲスト 様

コラムクVol.03では、Vol.01とVol.02のIFFT取材で上京した際にお邪魔させていただいた、2014年10月にオープンしたばかりのコサイン青山店をご紹介いたします。
銀座線外苑前駅から歩いて6分。インテリア通りと呼ばれるおしゃれな一角にコサイン青山店はあります。今まで多くの人がカタログやオンライン通販サイトでしか見ることのできなかったコサインの商品が勢ぞろいしています。中にはコサイン青山店限定の商品もありました。新作プラットソファ・オットマンの通常カラーは寒色系ですが、店頭には落ち着いたレッドのプラットソファが置かれていました。オンラインでも旭川本店でも扱っていない青山店限定です。その上、赤は赤でも派手じゃない落ち着いた色合いは、コサインのデザインにもしっくりきていて、さすが、選ぶ色まで徹底しています。今までカラー展開が少ないコサインでしたが、これからどんな色が増えていくのか楽しみです。他にも旭川・青山実店舗の企画として、ポイントカードの発行もしています。発売前の小物がもらえるチャンスもありますよ。多くの人にとって、旭川に来るよりは確実に近くなったコサイン青山店。お店の中は見ごたえたっぷりのコサインの世界観が広がっています。

  • コサインが所有・管理する『コサインの森』の景色が一面に描かれた黒板。木を扱う限り森の大切さも忘れないように、と言っているようでした。緻密に描かれたこちらの黒板の絵は、定期的にデザイナーが来て書き換えるようです。次に何が描かれるのか楽しみになりますね。
    そしてその黒板の横に置かれたワークデスク。この商品は子供用の家具に分類されているのですが、ここではイメージ一新、渋いオーディオセットを乗せて大人のワークスペースになっていました。このディスプレイを見て、改めて使い方は人それぞれ自由なんだと思い出させてくれました。そしてまた、子供向けにも大人向けにもすんなり馴染むニュートラルなデザインにも、コサインが提案する商品の可能性の幅広さを感じました。

  • 店内には実店舗だけで買えるコサイン製以外の小物もたくさんありました。そのどれもが旭川や北海道にゆかりがあるアイテムばかりです。旭川市内のクラフト作家が集まる『北の嵐山』から、アトリエSUBAKOさんのバードカービングもたくさん並んでいました。北海道で見られる野鳥をモデルにし、どれも本物さながらの愛らしさです。この小鳥たちも、旭川で製作していることを大切にするコサインならではのセレクションと言えるのではないでしょうか。他にも旭川の観光キャラクターあさっぴーが並んでいたり、旭川の観光情報、イベント情報のパンフレットもたくさん置かれています。青山店に行ったら、次は旭川にも来たくなること間違いなしです。
1988年4月創業の長い年月の集大成であるコサイン青山店は、並んでいる商品だけではなく店内の装飾にもコサインらしさが滲み出していました。こちらの店内、内装は水回り以外のほとんどを自分たちで施工したそうです。床材も工場に大切に保管されていた板材を自分たちで加工して敷き詰めたそうです。コンクリート壁の穴には、どうせ穴があいているなら使ってやろう、といろんな木片をはめ込みカラフルなアクセントになっています。お店の奥に見える大きな「C」の文字も、工場から出た木っ端を職人さんが一つ一つ並べて作ったそうです。「だって、全部木だから。何でもできるよ。」後に改めて取材させていただいた星社長がそう言いました。まさに言葉通り「コサインの作品」と呼べる手作り満載の内装で見ごたえたっぷりです。ちなみにこの大きな「C」、魚の形をした木っ端が2つ(2匹?)こっそり隠れているようです。そんなこと聞いたら、探しに行きたくなりませんか?
コラムク Vol.03

コラムクVol.3、最後まで読んでいただきありがとうございます。コサイン青山店、いかがでしたでしょうか。行ってみたくなりましたか?この度は突撃訪問になってしまった青山店のスタッフ様、そして取材に応じてくださった星社長、ありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。コサイン青山店に行ってみようかなと思った方、水曜日は定休日なのでお気をつけください。
  • vol.13 第19回修了研究作品展


    毎年2月に開催される北海道立旭川高等技術専門学院の修了研究作品展にお邪魔してきました。

  • vol.12 IFFT 2015


    毎年11月に開催される家具・インテリアの国際見本市 IFFT 2015を取材させていただきました。

  • vol.11 楽天クリムゾンハウス


    楽天市場の新社屋「楽天クリムゾンハウス」に、当店より家具を納品させていただきました。

  • vol.10 MUKU工房 台湾


    MUKU工房が台湾へ進出しました。台湾の家具事情とMUKU工房 台湾をご紹介します。

  • vol.09 ADW 2015


    旭川家具センターの産地展が一新し、「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」として生まれ変わりました。

  • vol.08 モクモクフェスタ 2015


    旭川木工センターが主催するモクモクフェスタは、モノづくりメーカーによる木工のお祭りです。

  • vol.07 匠工芸 ショールーム


    マッシュルームスツール・アニマルスツールで大人気の匠工芸ショールームをご紹介します。

  • vol.06 技能五輪国際大会


    第43回技能五輪国際大会 建具部門 敢闘賞 女性初の快挙を成し遂げた中山千明さんです。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 年中無休 9:00~17:00 0800-800-8334