ようこそ ゲスト 様

NOCRA東京店

NOCRA Tokyo Shop

NOCRA東京店

生産地も素材も、旭川クラフトの想いが詰め込まれたショップ。

コラムクVol.04では、無垢の銘木を惜しげもなく使用して作る、ビジネスアイテムや生活用品で大人気の旭川のクラフトメーカー、ササキ工芸直営店であるNOCRA(ノクラ)の様子をご紹介いたします。
場所は東京・山手線の秋葉原駅と御徒町駅の間の高架下、「2K540(ニーケーゴーヨンマル)」という近未来的な空間の一角にあります。こちらの2K540は、全国から様々な素材のものづくりのお店が50店舗も立ち並ぶ、見ごたえたっぷりなスポットです。その沢山のお店の中でも、充実の商品展開と完成度の高さでひときわ目を引くのがこちらのNOCRAです。)2K540の中で御徒町寄りのI-1という区画、広さとしてはややこじんまりとした店内ですが、たくさんの木製クラフトが所狭しと並べられていました。また、ササキ工芸のカタログに乗っている商品から、NOCRAだけのアイテムや、ササキ工芸以外の旭川クラフトも数多く取り揃えています。
北のクラフト(NORTH CRAFT)という意味から名付けられたという店舗名。まさしく生産地も素材も、そしてコンセプトも旭川クラフトの想いがたっぷり詰め込まれています。そんなNOCRAの様子をアポなし突撃インタビューしてきました。

NOCRA東京店
NOCRA東京店

海外のお客様に大人気、大人のゴム銃。

2K540の立地が秋葉原から徒歩6分と近いことから、秋葉原経由の海外観光客の姿が多く見られるそうです。そんな海外の方が多く買い求めていく商品がこちら。ササキ工芸のロングセラーの「GRASP(グラスプ)」です。全て木で出来ている5連射ゴム銃です。
実際の名のある銃を精巧に再現しており、海外に持ち帰ろうとしたお客様が空港の税関で引き止められてしまったという逸話がある程です。
店内の陳列コーナーでは試し打ちもできたり、自分で組み立てる簡易ゴム銃(もちろん連射機能付き)も並べられていました。飾って良し、使って楽しいなんとも贅沢な大人のゴム銃は、全9種類あります。

NOCRA東京店

木と革のコラボレーション。

ステーショナリーも数多く制作するササキ工芸の2014年新作に、木製ブックカバーが登場しました。文庫サイズにぴったりのこちらの商品もまた、自分用、贈り物用共に買い求めていく方がとても多いそうです。こんなの贈られたら、うれしいですね。
木は固いもの、という概念を覆してくれたこのブックカバー。格子状の木部の内側に本革を張り、使い込むほどにしなやかになっていきます。革部分も旭川の革職人が加工している徹底ぶりです。
このように木工クラフト専門のお店ですが、木と異素材をうまく組み合わせて機能的に仕上げたアイテムが他にも沢山並べられていました。

NOCRA東京店

その場で刻印できるうれしいサービス。

今でこそ木製クラフトに名入れできるレーザー彫刻は様々なネットショップでよく見かけるようになりましたが、こちらのNOCRAではお買い上げしたその場で刻印してくれる嬉しいサービスがありました。
お会計カウンターは一面、家紋が彫刻された木のタイルで覆われています。こちらも海外観光客に人気の商品だそうで、おおよそ1時間で加工が完了します。
他にも定番の名刺入れや印鑑ケースなど、その場で自分だけのアイテムに早変わりさせてくれます。また滅多に見られない刻印する様子も見れるので、より一層思い入れのある一品になっちゃいます。

NOCRA東京店

黒と朱色で統一された空間になごみのアイテム。

店内の陳列に使われている什器は、黒と朱色で統一されています。この色は創業者である先代のササキ工芸社長が好んだ色を使用しているそうです。
その思いが詰まった什器の上に置かれたコロンと丸みを帯びたカタチやポップにデフォルメされたたくさんの動物が目にとまります。ササキ工芸の商品デザインには可愛らしいもの、優しくてホッとするようなデザインを多く採用しているそうです。たしかに見ているだけで和ませてくれるアイテムばかりでした。そして何より、その可愛らしいアイテムのほぼ全てが、とても実用的・機能的な木製クラフトだというのがササキ工芸の最大の特徴だと思います。例えば木でできたメジャー、木でできたアロマディフューザーなど、こんなものまで木で作られているのかと驚かされます。 まだ店頭には並んでいませんが、展示会で拝見した新製品も超絶かっこよく、驚きの機能が満載でした。今後のササキ工芸の動きにも期待大です。

NOCRA東京店

〒110-0005
東京都台東区上野5-9

[JR] 山手線 秋葉原駅 徒歩6分
[JR] 山手線 御徒町駅 徒歩4分
[東京メトロ] 末広町駅 徒歩3分

営業時間 11:00~19:00
定休日 水曜日
電話番号 03-6806-0443

  • 下川町クラフト蒼

    ライフスタイルの全てをクラフトづくりに捧げるため、下川町に移住したクラフト蒼の臼田氏をご紹介します。

  • 旭川クラフト展2017

    クラフト作品に取り組むメーカーや職人、デザイナーを志す学生たちの作品が一堂に集まる旭川クラフト展。

  • IFDA2017

    今回で記念すべき第10回目を迎える国際家具デザインフェアIFDA2017を取材してきました。

  • 第19回修了研究作品展

    毎年2月に開催される北海道立旭川高等技術専門学院の修了研究作品展にお邪魔してきました。

  • IFFT2015

    昨年に引き続き、日本最大級の家具・インテリア国際見本市 IFFT2015を取材させていただきました。

  • 楽天クリムゾンハウス

    楽天株式会社の新社屋「楽天クリムゾンハウス」会議室に、当店から家具を納品させていただきました。

  • 台灣北廊有限公司

    MUKU工房は台湾に現地法人を立ち上げ、販売事業をスタートしました。台湾の家具事情とMUKU工房 台湾をご紹介。

  • ADW2015

    旭川家具センターの産地展が一新し、「ASAHIKAWA DESIGN WEEK」として生まれ変わりました。

  • モクモクフェスタ2015

    旭川木工センターが主催するモクモクフェスタは、モノづくりメーカーによる木工のお祭りです。

  • 匠工芸ショールーム

    マッシュルームスツール・アニマルスツールで大人気の匠工芸ショールームをご紹介します。

  • 技能五輪国際大会2015

    第43回技能五輪国際大会で女性初の快挙を成し遂げたカンディハウス中山千明さんからお話を聞いてきました。

  • cosineの森

    cosineが所有する4万7千平米の森の中には小川が流れ、20種類ほどの樹木が立ち並んでいます。

  • NOCRA東京店

    ビジネスアイテムや生活用品で大人気のササキ工芸直営店NOCRA(ノクラ)の様子をご紹介します。

  • cosine青山店

    インテリア通りと呼ばれるおしゃれな一角に青山店はあります。店の中はcosineの世界観が広がっています。

  • IFFT2014(2)

    IFFT第2部ではIFFT特設コーナー「the Hotel」と旭川家具ブースの各出展メーカーをご紹介します。

  • IFFT2014(1)

    IFFT第1部では「IFDA」のブースと「ここの木の家具 旭川プロジェクト」のブースをご紹介します。

お電話でのお問い合わせも受け付けております。 定休日:日曜日・祝日 9:00~17:00 0800-800-8334